FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋愛心理学で考える「一目惚れ」

一目惚れからスタートした恋愛はとても上手くいく、という実験データがあります。
実際、一目惚れから始まって、その後長期的な付き合い(結婚含む)をしている人たちはじつに70%になるそうです。
ちなみに、アメリカの離婚率は、50%です。
そして、アメリカ人において、一目惚れから結婚したという女性の離婚率は、10%以下、男性では20%です。
この離婚率の違いをみていただければ、圧倒的に一目惚れではじまったカップルは上手くいくことが分かります。


そうは言っても、一目惚れは意識して出来るというものでもありませんよね。
そもそもどうして、一目惚れは起こるのでしょうか。

このことについては、現在ではまだ定説となりうるものがありません。
説として有名なものを挙げるならば、

1.理想像に出会う
人は皆、頭のどこかで理想の異性をイメージしています。そして、自分が抱いているイメージに近い人を見ると、親近感があると思う、というのがこの理屈です。

2.顔の特徴がにている
顔を識別するパーツが、どこか自分と似ている人に人間は親近感を抱く傾向にあるそうです。

3.遺伝子の違いが大きい人
後世により良い遺伝子を残そうとするのが生物であるとするならば、人間も同じということになります。自分にはない遺伝子を恋愛相手に求めるのは、違う遺伝子同士が交配されることによって、よりよい遺伝子になるからだといわれます。
遺伝子の違いは香りで見分けているのだそうです。人には、それぞれ香りがあって、その香りが、遺伝子の特徴についてを異性に伝えるのだそうです。



これらのことは、自分で自然に普段から意識出来るというものではないかもしれませんが、一目惚れによって惹かれた相手というのはこうした意味でかなり自分に必要で、自分のイメージに合った人であると考えることが出来るかもしれませんね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
最新記事
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。